認定資格取得費用のご案内
pre_banner14

認定資格取得にかかる費用について

「協会認定の資格を取得するまでに、どのくらいの費用がかかるの?」

というご意見を多く頂きます。

以下に簡単に必要経費をご案内します。受講・受験のご参考にしてください。

<ご注意>
なお、マイスター校や検定認定教室で実施される、ハーブティー検定試験に対応した検定講座(座学講座)の費用については、各校で異なる場合もありますので、詳細は受講される学校に直接ご相談ください。
*ここでご紹介している講座受講料はあくまで、参考であり、協会が受講料を指定しているものではありません。

当協会では、マイスター校や認定教室で検定試験対応の座学講座を受講されて受験される方と独学で受験される方で、それぞれ、アドバイザーなどの資格を取得する上での不公平さが出ることのないよう配慮しております。そのため独学で受験され、合格された方が認定資格を取得される場合は、必ずマイスター校にて実技講座を受けていただくことを条件とさせていただいております。
(理由)

当協会では協会が認定する資格を取得していただく際には、当協会が推奨する基本的な淹れ方やハーブティーに関する実習、ハーブの安全性などの基本スキルから、簡単なブレンド方法などを実践していただく上で、どうしても独学の知識・スキルだけでは十分に協会の考え方をお伝えできていないと考えております。実際にマイスター主催の認定講座を受講された方と同等の資格を付与する上では、独学の方も、同様にマイスターより実習だけでも受けていただくことが最低限度必要と考えているためです。何卒ご理解ください。

STEP1   <ハーブティー検定受験にかかる費用>
ハーブティー検定試験は、自宅でパソコンなどから受験できるオンライン試験と実際に受験会場で受験する本試験があります。受験に際しては、協会より発行の公式テキスト4500円(税込)をご購入して学習していただきます。オンライン試験と本試験はどちらを受験していただいても結構ですが、それぞれ合格後の資格が異なります。

オンライン試験受験料 5,184円(税込)*PC、タブレット等での受験
受験内容についての詳細は、こちらで確認ください。
botan1

本試験受験料 9,720円(税込 筆記試験とテイスティング試験を含みます)
本試験内容についての詳細は、こちらで確認ください。
botan3


STEP2 <ハーブティー検定受験合格後にかかる費用>

オンライン試験および本試験の合格者には合格証が発行されます(無料)
*オンライン試験合格者で、名称希望の方には当協会に入会いただくことで「ハーブティー・スペシャリスト」の名称が会員証に明記されます。(入会には入会手数料5,400円税込および初年度年会費5,000円が必要)この名称はあくまで合格者に対する称号であり、協会が認定する専門資格ではありません。

<資格を希望される方は・・>
*資格取得には協会に入会していただく必要があります。(認定資格者は協会の会員であることが条件のため、退会後は資格も失効します)
*資格取得に際しては、マイスター校や認定教室で検定試験対応の座学講座を受講されて受験される方と独学で受験される方で、手続きが異なりますので、以下を参照ください。

*検定対応認定講座を受講された方の場合 
(講座受講料は各学校によって異なりますので、ご確認ください)
認定講座受講者の方は、試験合格後に、資格申請および入会していただくことで、以下の資格を付与します。

オンライン試験合格 → 「ハーブティーブレンド・ジュニアアドバイザー」

本試験合格 → 「ハーブティーブレンド・アドバイザー」

どちらの資格を取得される場合も、
入会手数料5,400円
税込および初年度年会費5,000円資格認定料5,400円税込が必要です。すでに入会されている方は、認定料のみ。次年度以降は年会費5,000円のみで資格は維持されます。

*独学で受験された方の場合
上記資格の取得に際しては、マイスター校にて、実技講座を受講していただく必要があります。
ジュニアアドバイザー実技講座(受講料6,000円税別)
アドバイザー実技講座(受講料8,000円税別)
*実技講座受講後、受講修了証と合わせて資格申請をしてていただきます。手続き費用は上記と同じです。

 

<アドバイザーまでのステップと費用の目安(金額は税別です)>
アドバイザーまでの受講料フロー図

*ジュニアアドバイザーとアドバイザー試験は、試験内容が異なります。
アドバイザー資格の取得に際しては、ジュニアアドバイザー資格取得は条件ではありませんのでご安心ください。
オンライン試験で受験するか、試験会場で筆記&テイスティング試験を合格してアドバイザーを目指すかは自由です。目的に合わせて受験ください。
*検定対応講座の受講料はあくまで目安です。各校によって異なります。


STEP3 <資格取得してビジネスに活用したい方へ>
*アドバイザー取得後、講師を目指す方、また認定教室を目指す方、あるいはマイスターへのステップアップをご希望の方は、それぞれ、手続き、かかる費用が異なります。以下でご確認ください。

インストラクター(検定講座講師)を目指したい方はこちらでご確認ください。
btn053_02_3

マイスター(上位資格)を目指したい方はこちらでご確認ください。

btn053_02_2

なお、アドバイザーを取得され、協会認定の認定教室を運営したい方は、手続き方法が異なりますので、直接協会までお問い合わせください。

<認定教室開講までの費用(税別)目安です>
以下の概念図は、ハーブティー検定を受験し、最終的にアドバイザーを取得され、認定教室(検定講座の運営ができます)を運営できる権利を得るまでに想定される費用をまとめたものです。ビジネスに活かしたい方の目安としてご参考にしてください。独学者の方、検定講座を受講され方、どちらも認定教室を運営されるまでにかかる諸費用はほぼ同額となります。
なお、マイスター資格を取得されると認定教室以上の権利を得た、マイスター校(認定校)の運営ができるようになります。詳しくは協会までお問い合わせください。
認定教室費用フロー図

 

 

ピックアップ記事

  1. herb_imege2

    2014.9.19

    良薬は口に苦し

    「良薬は口に苦し」とは、孔子が残したとされる言葉です。
  2. tea_image10

    2014.10.30

    ココロをやすめるハーブティー

    木々が少しずつ色づき始めるこの季節、暖かい飲み物が恋しくなり始める季節でもありますね。
  3. sinamon&mint

    2014.12.24

    ハーブティーの時間経過による香りと味

    皆さんに馴染みのある「ペパーミント」と「シナモン」の2種類を時間経過にともない、どのように変化するか...