インストラクター制度の紹介
ハーブティー

インストラクター制度のご紹介

アドバイザー資格やマイスター資格を取得している方で、ハーブティー検定対応認定講座やマイスターや協会が主催するマイスター講座で講師を行う場合、別途インストラクター資格を取得する必要があります。

この資格は知識とは別に、教えるためのスキルや知識を学ぶものであり、教養のための資格講座ではありません。認定資格の養成講座の講師は、専門知識だけではなく講義を行うためのスキルを持つ必要があるという当協会の考え方に基づき、認定講座の運営や講師を目指す方には必ず習得が義務付けれれています。

インストラクター養成講座の内容

認定講座を受講された方
1日のインストラクター養成講座の受講が必要です。
講座内容(6時間講義)
*講師 としてのあり方 や心構え、講義の進め方など
*ハーブティー検定の内容についての講義ポイント
*見せる教える為の実技
受講料:28,000円(税別)を予定

独学の方

2日間のインストラクター養成講座の受講が必要です。
*独学者の方の場合は、実際にマイスター校で10単位の検定講座を受けていない状態で講師を目指すわけですから、最低限度必要な内容を2日かけて学んでいただく必要があると考えております。

講座内容(6時間の2日間講義)
*講師 としてのあり方 や心構え、講義の進め方など
*ハーブティー検定の内容についての講義ポイント
*実習(道具・量る・淹れるを学ぶ)およびOJT
*実技:シングル各論について
*実技:ブレンドについて
受講料:48,000円(税別)を予定

実施は、2016年9月の新会計年度以降、各マイスター校で開講していくことなります。