資格養成講座
tea_image9

資格取得のための養成講座のご案内

協会が提供する資格は大きく2つの資格があります。
ハーブティー検定*に合格し協会およびマイスターが主催する認定講座に出席すると協会より与えられる資格である「ハーブティーブレンド・アドバイザー」と専門性の高いハーブティーの専門家となる「ハーブティーブレンド・マイスター」に分けられます。それぞれ協会が主催、もしくはシニアマイスターが主催する養成講座を受講する必要があります。
マイスター資格には「マイスター」と「シニアマイスター」があります。「マイスター」資格講座は協会およびシニアマイスター主催の座学講座(知識と実技)があります。

ハーブティー検定対応講座

hyoushi21、ハーブティー検定はオンライン試験本試験の2つの試験があります。どなたでも手軽に受験できるオンラインの受験に合格し、マイスター主催の実技講座を終了すると、「ハーブティーブレンド・ジュニアアドバイザー」として認定されます。
2、マイスターが主催するハーブティー検定対応講座(座学講座)を受講すると実技講座も組み込まれていますので、その後オンライン試験に合格すると「ジュニアアドバイザー」、本試験に合格すると、上位の「ハーブティーブレンド・アドバイザー」の資格が付与されます。
*マイスターが主催するハーブティー検定対応講座(座学講座)では実習なども学べます。

btn053_02_1 btn053_05_1

ハーブティー検定とは
ハーブティー検定は「からだに良くて美味しいハーブティー」を楽しみ、生活に生かしていくための知識や方法を知ることで、嗜好性の高いハーブティーを淹れ る楽しみを身近な友人・知人に広げていけるアドバイザーを育成することを目的に創設されました。検定はどなたでも受験する事ができます。

btn053_03_1

マイスター資格養成講座

マイスター資格には、「ハーブティーブレンド・マイスター」と「ハーブティーブレンド・シニアマイスター」があります。マイスター資格講座は協会およびシニアマイスター主催の基礎講座と実践講座の2つがあります。
基礎編・・ハーブティーの知識全般を学びます。協会主催のオンライン講座、もしくは、シニアマイスターが開講する「マイスター基礎講座」(座学)を受講することで修了できます。
修了に際しては筆記試験に合格する必要があります。

応用・実践編・・協会もしくはシニアマイスターが主催する座学講座「マイスター実践講座」を受講する必要があります。実践的なカリキュムを修了し、実技試験に合格し、協会へ申請すると「マイスター」の称号が与えられます。

btn053_02_2  btn053_05_2

※マイスターは、筆記試験と実技試験の2つの試験に合格してはじめて認定されます。

※実際の試験の概要については確定次第、お知らせして参ります。