発起人ご紹介

ハーブティーブレンドマイスター協会は私たちが発起しました。

ハーブティーの味と香りと色のもつ嗜好性を活かしてもっと美味しく、楽しく味わってもらいたい!
ハーブティーにも職人技がある!だから個人で楽しむだけではなく、飲食店のプロにもハーブティーをぜひメニューに加えてもらいたい!そして多くの人にハーブティーに親しんでもらいたい・・・
そんな想いを持った私たちが作った協会です。それぞれの得意分野を生かして、ハーブティーを広く伝えていくための「ハーブティー検定」と「マイスターの育成」を通じてハーブティーの普及活動を推進する団体です!

ハーブティーブレンドマイスター協会 発起人

橋口写真2mini橋口智親(はしぐち ともちか)
AIFN(国際栄養食品協会) 理事、一般社団法人 セルフケア推進協議会 代表理事、社団法人 日本外国特派員協会(FCCJ)menber、日本味と匂学会会員、株式会社ホリスティックハーブ研究所 代表取締役
20年以上の外資系企業での食品開発、マーケティング、広報などを歴任。企業顧問やセミナー講師なども多数経験。食品成分の国際的業界団体である(社)国際栄養食品協会 The General Incorporated Association of International Foods & Nutritionの発起人であり、現在は理事の立場で、健康食品や機能性成分に関する法規制緩和や健康食品の消費者向け啓蒙・啓発に寄与。またハーブ・スパイス等の販売、植物療法や食と健康に関するスクール事業などを展開。
クラウターハウス  http://www.krauter-haus.jp/

メッセージ:健康面からハーブティーに出会った頃、効果は理解できても、他の茶葉・飲み物に比べるとなかなか普及しないのはなぜ?と考えていたら嗜好性の必要性に気がつきました。歴史をひもといていくと西洋で生まれたハーブティーと東洋で生まれた茶の運命的な違いが面白くなりました。もっとハーブティーを嗜好性の高い「体に良くて美味しい飲み物」に仕立て上げたい。。なんでマイスターがいないんだろう・・と考えていたら協会作りたくなりました。。笑

watanabe_mini渡辺肇子(わたなべ はつこ)
NPO日本メディカルハーブ協会理事、健康栄養補助食品協会 専務理事、国立健康・栄養研究所認定 NR(Nutritional Representative)、漢方薬・生薬認定薬剤師、JACDS漢方アドバイザー、日本漢方養生学協会認定 漢方スタイリスト
薬剤師で漢方薬・生薬認定薬剤師。オフィスパナケイア代表。NPO日本メディカルハーブ協会の前身であるメディカルハーブ広報センターを設立。同協会理事。植物療法の分野における臨床・研究・教育の3本柱を基本構想としながら西洋医学と代替療法の共存と総合医学の発展を目指し活動。かたやサプリメント(機能性食品)分野にも精通し、健康栄養補助食品協会 専務理事として機能性食品の普及にも寄与。
メッセージ:メディカルハーブという分野に携わっていますが、機能や安全性を中心に考えていくと楽しさや美味しさといった感覚から、ふと目が離れてしまうことがあります。でもいくら心や身体にいいものでも、楽しくない、美味しくないでは、長続きしませんね。この協会を通じて、楽しいブレンド、美味しいハーブティーを入り口とした健康と美容に役立つハーブが広く知られるようになることを期待しています。

iwahashi_mini岩橋たかこ(いわはしたかこ)
一般社団法人アンフュージョンInfusion代表理事 / ひだまりハーブガーデン&スクール主宰、協会Herbal Health &Life Association(フフラ)理事、日本メディカルハーブ協会(JAMHA)認定 ハーバルセラピスト
活動の多くは、ハーバルセラピストとして、ハーブのメディカルな効能を考慮して効果的なティーの淹れ方や飲み方などをレクチャーする「ティーレッスン」からメディカルハーブの資格講座など自宅サロンを中心に開催。企業でのセミナー講師やイベントなど幅広く活動している。最近は料理のプロではなく「ハーブのプロ」として「ハーブ&スパイスを使ったハーブクッキング」も好評開催中。また、ハーブを健康や美容の為だけでなく生活空間やテーブルを彩り生活を豊かにすることをコンセプトに、TVやラジオなどのメディアからも常に情報発信している。
http://hidamari-herbgarden.com/
メッセージ:ハーブティーを美味しく飲むためには、湯温やいれ方ももちろん大事ですが『心を込める』ということも大切なポイントのひとつです。ハーブを成分からの視点で考えていく座学知識または愉しむハーブというだけでなく、ホスピタリティーという視点からも皆様にお伝えしていければと思っています。皆様に喜んでいただけるそんな場を提供していける事が私にとってのホスピタリティーとなりそうです。

sugihara杉原美保(すぎはらみほ)
株式会社アジュレール代表取締役、ハーブとアロマの学校 Dear Natural主催、日本メディカルハーブ協会ハーバルプラクティショナー、日本アロマコーディネータースクールトップインストラクター、JADPマクロビオティックセラピスト
2010年より福岡県北九州市にて、ハーブとアロマの学校 Dear Naturalを開講。JAMHA、JAAの認定校として資格取得講座を行う一方、「治療よりも予防が大切」「おばあちゃんの知恵袋のように、自然と家庭で使えることが大切」との考え方を持ち、一般の方々にも広く植物療法(フィトテラピー)の知識と方法を伝播すべく、市民センターや公営施設などでも講師として活動中。なかでも「ハーブとアロマを用いたナチュラルライフの作り方講座」や「母と子のフィトテラピー講座」は人気。
http://dear-natural.com/
メッセージ:様々な植物療法(フィトテラピー)の手法の中でも、ハーブティーは最も手軽に取り入れることができるものであると同時に、自分で好きなようにアレンジすることが出来るものの一つです。美味しく美しいハーブティーをたくさんの方に楽しんでいただき、さらにそれが「実は健康にも役立つものなんだ!」と気付いていただけたら嬉しいです。そしてハーブティーがコーヒーや紅茶のように、家庭やカフェ、レストランなどでも手軽にいただけるものになってくれたら、なお嬉しく思います。

mica shibata_miniしばたみか
紅茶とハーブの教室るなぼう主宰/日本紅茶協会ティーインストラクター、日本メディカルハーブ協会(JAMHA)認定ハーバルセラピスト
2011年に埼玉県さいたま市にて、紅茶とハーブの教室るなぼうを設立。スタンダードな紅茶のレッスンから、紅茶とハーブ・スパイスのブレンド、家庭でも手軽に活用できるメディカルハーブに関するものまで、幅広いレッスンを展開している。特に、メディカルハーブを美味しく飲むためのハーバルアレンジティーが好評。自宅サロン以外にも、ハーブスクール、地域の幼稚園や養護施設、市民セミナー等でも講師として活動。
http://lunarbow.net
メッセージ:ハーブが健康に良いという事は、周知の通りですが、美味しければ更に魅力的だと思いませんか?^^アレンジしたり、ブレンドしたりする事で、美味しくなるだけでなく、+αの効果も期待出来ます。ハーブの美しい色合いをたのしみ、おいしさをもっと引き出しちゃいましょう。植物のエネルギーを感じながら、ちょっとステキなハーバルライフをご一緒しませんか?^^

sanaemini早苗孝一(さなえこういち)
日本メディカルハーブ協会(JAMHA)認定ハーバルセラピスト、NPO法人日本茶インストラクター協会認定日本茶インストラクター、日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ
ハーブを中心に日本茶やオリーブオイルとの「トライアングル構想」を基に、手軽に家庭で活用できる知識と実践を広めることを目的として、主に公営施設を拠点として活動。
メッセージ:ハーブの新しい世界を広げる日本茶とのブレンド、協会オリジナルのアレンジを開発しハーブティーの健康に良い豊かな生活を多くのご家庭に広めで行けたら素敵ですね。多くの皆様方に楽しく、そして美味しい「ハーバルライフ」を体験していただきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. table_image

    2014.11.21

    おもてなし ―その2―

    ハーブティーを薬草ととらえ、薬用としてしか飲用しない習慣のあるイギリスでは、ゲストに対して「ハーブテ...
  2. iceherbtea_image1

    2014.8.15

    水出しアイスティーに向いているハーブ

    水出しアイスティーに向いているハーブは?夏はやはり冷たいアイス系が人気ですね。
  3. tea_image10

    2014.10.30

    ココロをやすめるハーブティー

    木々が少しずつ色づき始めるこの季節、暖かい飲み物が恋しくなり始める季節でもありますね。